30代男性

調査したり思ったりしたことをつれずれに。

術後経過

ここ数ヶ月で、わかったのは少なくとも同様の下鼻甲介に関係する手術を受けて同じような副作用で苦しんでいる方が少なくとも4人いて、どうにもならないで苦しんでいるということです。

 

大島耳鼻咽頭科の寺田修久の単独ではないですし、別に報告や集まる仕組みがないのでインターネットをやっている人で何人かという形で、おそらく潜在的に多数いることがわかりました。

 

どうにもならないなかで頑張って生きていきたいです

 

症状は次第に悪化

朝晩はだいぶ寒くなってまいりました。症状も次第に悪化しております。朝は喉の痛みと、全体的な鼻の冷たさで起こされるというところで本日も4時起きでした。

同じ症状をもたれるかたのれんらくは、こちらにメールは届いているのですが、あちらに届いていないようです。迷惑メールなどのフィルタの設定なんでしょうか。再送しているので確認お願いします

同じ症状をもたれているかたへ。

同じ症状をもっているかたでコメントのほうに記載いただいたかたですが、今連絡をとろうとしています。心無いかたや、変な書き込みをする場合があるのでメールアドレスはこちらには晒さないことにしています。

具体的には、はてなのポイントサービスを使って連絡をとろうとしています。そのサービスのメッセージに連絡アドレス書き込みました。

ただ、そのサービスが拙くて、到着まで数日かかることがあるそうです。コメントいただいたかたには土曜まで待っても返信なかった場合は、ほかの方法を試します。

同じ症状をもたれているかたがみつかりました。

コメントのほうに記載いただいて、今連絡をとろうとしています。心無いかたや、変な書き込みをする場合があるのでメールアドレスはこちらには晒さないことにしました。

具体的には、はてなのポイントサービスを使って連絡をとろうとしています。そのサービスのメッセージに連絡アドレス書き込みました。

ただ、そのサービスが拙くて、到着まで数日かかることがあるそうです。コメントいただいたかたには土曜まで待っても返信なかった場合は、ほかの方法を試します。

猛暑ですが鼻は冷たい

根本的に血流が足りていないのか、鼻は猛暑ですが冷たいです。ただ全然冬よりはましです。ただちょっとした冷房のダメージも大きいです。冷房にさらされるだけで苦痛が来るとは本当に。絶望的な状況ですが、苦しいながらも頑張って何か対策を打ちたいです。

 

一番は鼻の中に、何か温かい鼻中隔か下鼻甲介の代わりになるものをいれることです。色々やってみていますがなかなかうまくいかないです。さらに苦しい冬の前になんとかしたいです。

術後経過18か月目

鼻中隔矯正術、粘膜下下甲介骨縮小術により、鼻の保温・保湿機能が破綻しているので、何か突っ込んだらいいのではないかということをしているが、あまり芳しくない。色々試してはいるのではあるが・・・

術後経過17ヶ月目

気温があがってきたおかげで、鼻の冷えは冬よりはいい。乾燥が強くなってきて加湿機能がだめになっているので、どのみち人工呼吸器は手放せないことがわかった。鼻とのどが渇いて痛い。だいたいマスクなしでは、4時間ぐらいすると症状が強くなってくる。

 

とりあえず、人工呼吸器は人と会う場合だけははずす形。仕事もデスクワークをしているときは常につけてる。つけてれば楽にはなるけれども、付けていること自体も結構ストレスではある。でもないよりずっとまし。

 

少し楽になると将来のことを考えてしまう。このまま人工呼吸器とともに生きるのも大変な話で、先が見えない。症状としては、まあ生きているけれど夜に装置がずれて起きたり、痛みがでて起きるのは正直年中なので辛い。どうにかしたいけれど・・・