Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

30代男性

調査したり思ったりしたことをつれずれに。

鼻中隔矯正術、粘膜下下甲介骨切除術を大島耳鼻科で受けた結果 経緯

大島耳鼻科で受けた説明と違うところ

・ドライノーズにはならない エアコンと同じで細胞は変わらないため →ドライノーズになって苦しむ

・副作用にエンプティノーズ症候群の説明がない

 

言われて嫌だったこと

・(担当の先生に手術を勧めた理由を書いてほしいといったら)あなたが希望したんですよ!

ときつい口調で言われたこと。

「手術は成功してますから、セカンドオピニオンにいってください」と言われて、結局そのまま大学病院で副作用と付き合うことになっている。

「なぜこうなったか、わからない」と言われたことで全部大学病院でみてもらうことになっている

結局副作用を最後まで付き合おうという姿勢がなかったし、なんでかわからないを連発されるので、意味もなくなり大学病院で副作用と付き合っている。

マスクなしでは生きられないからだで、そもそも眠れないからか集中力は落ちるし、仕事は現在は週3がいっぱいいっぱいだ。呼吸をすると肺が痛い・・・。